首相官邸にドローン墜落

4月22日午前、東京都千代田区の首相官邸の屋上に小型の無人機、「ドローン」(無人飛行可能の小型飛行機)1機が落下しているのが見つかりました。
けが人や、建物の破損は確認されておらず、警視庁はドローンが首相官邸に侵入した詳しい経路や状況、不審物が搭載されていないか調べています。
警視庁によりますと、落下したドローンは直径50センチほどのもので、プロベラが4つあるタイプでカメラがついていたということです。
また、このドローンには発煙筒のようなものもついていたといいます。
落ちていた場所は首相官邸のヘリポート。また、過去にはアメリカのホワイトハウスにもドローンが墜落したことがあります。
果たしてなぜドローンは首相官邸に墜落したのでしょうか。事故なのか事件なのか、原因究明が急がれます。

女子高生がくノ一に変身

放課後はくノ一に変身。そんなかっこいい女子高生がいるそうだ。父は忍術のエキスパート、母は伊賀流忍者の末裔というから驚きだ。
奈良県に住む高校2年生の黒井奈々恵さんの父・宏光さんは忍者集団「黒党」の代表を務めている。黒党は誇張のない本物の忍術を教えるために旗揚げされた団体で、体験教室や講演を開いているそうだ。副代表を務める母・真奈美さんの急性は伊賀。平安時代末期に活躍した忍者の子孫だそうだ。奈々恵さんは忍者の血を引いているということを友だちにも明かしておらず、忍者の時は「ナナ」と名乗り部活には入らず学校の後は両親と鍛錬に励んでいるという。
友だちと遊びたい年頃だろうと思いきや、本人は「忍者、かっこいいんです。公演でいろんなところに出かけられるのも楽しい」と話している。奨学生の時は練習嫌いで親に叱られて泣いたそうだが、好きだからこそ今も続いているという。幼少期から電子オルガンやシンセサイザーを演奏し、今では公演に使う使うBGMの作曲も手がけているそうだ。「将来は歌手もしてみたい」と夢も膨らむ。
現代では本物の忍者を見る機会はまずない。こうした公演を行っているというのもあまり知られていないのではないだろうか。機会があれば見てみたいものだ。

「Windows10」正式版は7月末公開か

米マイクロソフトの次期OS「Windows10」の正式版リリースは7月末となるようだ。米コンテンツサービスSeeking Alphaが公開している議事録によると、アナリストからの第2四半期の予測に関する質問に答える中で米AMDのリサ・スーCEOが「7月末のWindows10のローンチも予測に織り込んでいる」と答えたとのこと。マイクロソフトはWindows10の最低要件の中で、AMDのSoCサポートを表明しているそうだ。
マイクロソフト自身は3月にWindows10を今夏に190か国でリリースするとのみ発表している。具体的なリリース時期については4月29日からサンフランシスコで開催する開発者会議「Build 2015」で発表されるかもしれないとのこと。先代OS「Windows8」の場合は2012年3月に「Windows8 Consumer Preview」が公開され、7月に正式版のリリースが同年の10月26日になると発表された。
長年XPに慣れ親しんできた人たちがサポート終了に迫られてWindows7や8を使わざるを得なくなった昨今、さらに新しいOSがリリースされることに追い付いていけるのだろうか…。

とんねるずのノリさんがすっかりアーティストになっていた

とんねるずの木梨憲武と言えば、言わずと知れた大ベテランのお笑い芸人ですが・・・
ここ最近、アーティストとして活躍が目覚ましくなっています。

既に個展は何度も開催しており、以前、上野美術館でおこなわれた個展は記録的な入場数を記録し、上野の森美術館では、1日当たりの平均動員数が4800名と、「ピカソ展」、「ダリ展」に次ぐ個展の歴代3位を記録しているそうです。
また、上野の森美術館で開催された「日本人」の個展では、1日平均入場者数で歴代1位を記録しています。

絵画をはじめたのは、テレビ番組の企画。サインペンでフランスのセーヌ川を描くという企画で絵画を制作しました。
その時に披露した画風は大反響を呼んだといいます。

木梨憲武さんは、枠にとらわれない大胆な作品が魅力の秘密。
画風には赤を基調とした抽象画や、スケッチに文字をプラスした風景画・シンプルな色の表現の静物画といったものがあります。

新たな才能を開花し、突き進む、アーティスト木梨憲武。
今後の活躍も期待したいですね。

政府が企業に「朝型勤務」を要請

朝早く出社して早く帰宅する「朝型勤務」。政府は20日、経済界にこの勤務スタイルを取り入れるようにと要請した。夜の残業を減らし長時間労働を無くすことが狙いだが、「朝型」にすることで影響が出てくるところもある。
大手商社の「伊藤忠商事」では一昨年から働き方を見直し、「朝型勤務」を導入したそうだ。食堂では毎朝パンやバナナなどが無料で支給されるとのこと。朝型勤務を促すために午前5時から午前9時までの間に働いた時間の賃金を高く設定。さらに午後8時以降の残業を原則禁止にした。これにより残業時間が一人当たり平均でおよそ4時間減り、会社全体で残業代を7%削減できたという。社員は「効率が良くなった。ガラッと変わりました。早く帰れるし」と話しており朝5時半に起きているという社員も。共働きの家庭だという男性社員は、この制度が導入されてから自分の方が早く帰れる状況もあって、その時間子供とのコミュニケーションを取ったりしているそうだ。
政府もこの夏から「朝型勤務」に乗り出すことにしたそうだ。この7月と8月、霞が関の全省庁の職員を対象に、始業時間を1時間から2時間前倒しに。午前7時半から8時半に出勤し、午後4時15分から5時15分に退庁するよう促すことにしたとのこと。狙いは慢性化している長時間労働の削減だ。さらに20日、塩崎大臣が経団連に訪れ、朝型勤務を各企業でも取り組むよう要請した。
一方、影響が出てくるのは保育所だ。出勤時間が早まれば、子供を預けに来る時間も早くなる。厚労省内に設置されている保育所でも対応が迫られている。今後もし曹長預かりが増えるようであれば、それに合わせた保育士の配置をしなければならない。厚労省は他の保育所でもできる範囲で「朝型勤務」に対応してほしいとしている。
早朝に保育所の預けることになれば子供も早く起きなければいけない。だからといって夜そんなに早く寝かせられないので困るという声もある。
果たして「朝型勤務」は広まっていくのだろうか。

支払いはカード?現金?得するのはどっち?

お金に関わる選択はいつも悩みがつきものです。どの選択が得をするのか、自分で調べても、いまいちよくわからなかったり、ピンと来なかったりすることもありますよね。
ここで今回はカードと現金の賢い使い方をご紹介します!自分に合った節約方法を見つけて、実践してみてくださいね。
家計を把握するにはカードを利用するのがお勧めです。カードの場合、利用明細が見れるのがメリットです。さらにはポイントが溜まります!カードの枚数は常に使うカードと呼びのカード2枚にして管理をしましょう。しかし、カードを利用した時、毎回分割払いやリボ払いをする方は、クレジットカードではなく現金払いにしましょう。
いかがでしたでしょうか?あなたはカードと現金での支払いどちらがあっていますか?上手に賢く利用しましょう。

花より男子がミュージカル化決定

マーガレットで連載されていた、神尾葉子原作の大人気少女漫画「花より男子」が2016年1月にミュージカル舞台化されることが決定しました。
これまでに、アニメやドラマ、映画化など日本に限らず世界で大人気となった「花より男子」ですが、ミュージカル化は世界初の試みとなります。
制作は、音楽劇「ガラスの仮面」などで知られている、青木豪さんやミュージカル・ベストテン演出家など数多くの受賞歴を持つ、演出家鈴木裕美さん。そして、いきものがかりなど数々のアーティストに楽曲を提供したり、サウンドプロぢゅーすなどをおこなってきた、作曲家の本間昭光さんが勤める予定。国内のトップクリエイターたちが集まる。
また、ヒロインの牧野つくし役はオーディションで公募。プロ、アマチュア問わず応募可能とのこと。
ミュージカル「花より男子」はどんなストーリーで私たちを楽しませてくれるのだろうか。

アップルウォッチ

数百万個売れると予想されている米アップル社の腕時計型端末「アップルウォッチ」の発売が近づき、各ニュース会社はその小さな画面の一部に溶け込む努力を続けているという。
ニュース・ビジネスの世界では「グランス・ジャーナリズム」という言葉が生まれているそうだ。「グランス」とは「ちらりと見る」という意味。身に付けて使うウェアラブル端末をリードするとみられるアップルウォッチは、デジタル時代に読者とつながりを持とうとするニュース業界の新しい可能性を広げるデバイスになるものと期待されているそうだ。
米紙ニューヨークタイムズは、アップルウォッチ用アプリは「3つの大陸にいる編集者たち」が最新のニュースを伝える「報道の新しい形」を提示するとしている。記事をアップルウォッチからiPhoneやiPadに移して読むことも可能だという。一方Yahooは主なニュースの要約を1時間ごとに更新するニュース・ダイジェスト、スポーツニュース、天気予報、そして香港に特化したニュースを伝えるアップルウォッチ用アプリ4種を提供する予定だそうだ。CNNと米公共ラジオのナショナル・パブリック・ラジオもアップルウォッチ用のアプリを提供しており、他社もこれに水髄すると予測されている。メディア専門家の間では新しいテクノロジーによって消費者に提供される短いニュースが増えるとみられているそうだ。アップルウォッチの登場によって、報道の在り方が大きく変わっていくのだろうか。

http://www.autohitel.info/