女性がクマに襲われ負傷、「死んだふり」失敗

米アラスカ州のデナリ国立公園でグループでハイキングをしていた28歳の女性がハイイログマに襲われてけがをしたことが4日までに分かりまし。
国立公園局はクマを見付け、処分するとしています。
1日夜、ハイキング中にグループが2~5歳のクマに襲われました。
グループはその前にもクマを目撃していて、これを避けようとしていたものの、最終的にクマが襲ってきたということです。
死んだふりをしたが、その後、クマに襲われました。
襲撃後、クマはいったん歩き去ったが、数分後戻ってきました。そのときは石を投げつけて追い払ったそうです。
別のグループもこの襲撃の前に同じクマを見付けていたが、そのときは、みんなで固まり、大声をあげたり手を大きく振ったりしてクマを追い払っていました。
クマと遭遇した際の行動としてはこれが正しいものだということです。
クマと接触したり接触が起きようとしていたりする場合は死んだふりも適切な反応だが、死んだふりをすることで、クマの好奇心をかき立てる可能性もあるため、あまりに早い段階での死んだふりは勧めていないそうです。
女性は公園内で治療を受けた後、病院に搬送されました。
このクマは過去2週間にも観光客を襲っており、けが人は出なかったが、バックパックから食料を奪ったということです。