台風被害の鉄道、6年半ぶりに復旧

2009年10月の台風によって、一部が不通になっていた三重県津市山間部~松阪市間のJR名松線が6年半ぶりに復旧したという。
一番列車には約220人が乗り込み、沿線にも多くの住民が見守りにきていたそうだ。
一番列車出発の伊勢奥津駅では復旧を祝して式典が行われ、JR東海の柘植康英社長は「県と津市の支えでこの日を迎えられた。地域の方と共に知恵を出し合い、新しい名松線に一人でも多くの方に乗っていただきたい」と話した。
台風の被害は、路線に土砂が流れ込むといったもので、全区間43.5キロ中の17.7キロが不通になりバスによる代行運転行われていた。
JR東海は、当初鉄道を廃線しバスに切り替えると提案していたが、住民らが署名で撤回を要請。このためJRは、県と津市が水路整備などを行うことを条件に存続を決めたという。復旧した区間の利用者数は1日で90人ほどだった。
6年半という長い月日がかかったが、住民らの念願が叶ってよかった。

初日から波乱 、2横綱が敗れる

大阪で行われた、大相撲春場所の初日。2横綱が敗れる波乱の幕開けとなりました。
4場所ぶり36度目の優勝を狙う横綱白鵬が、過去10戦負けなしの小結宝富士に立ち合い引いた瞬間、一気に寄り切られ、黒星スタートとなりました。
横綱鶴竜は、関脇豊ノ島に1分を超える相撲となり、最後は寄り切られて黒星を喫しました。
横綱日馬富士は、小結栃煌山を押し出しで下し、4大関は安泰。
先場所に初優勝を飾り、綱取りを狙う大関の琴奨菊は、前頭筆頭高安を立ち合い左四つに組みとめ、休まず攻め、寄り切り。
大関の稀勢の里は、初顔合わせとなった前頭筆頭の琴勇輝を突き落としました。
かど番の大関豪栄道は、前頭2枚目の隠岐の海を寄り切って白星。
同じく、かど番の大関照ノ富士は、前頭2枚目栃ノ心を右のがっぷり四つから寄り切りました。