ダサい?アップル製品

12月8日、突然発表になったアップルの純正バッテリーケース。発表されるや否や「ダサすぎる」「アップル、血迷ったか」「アップルがこんなデザインをするなんて」とデザインに対する批判がネットに殺到した。確かにウェブ上の画像を見ると、背面部分が電池の形状に盛り上がっており、終え時にも美しいとは言い難い。
アップル純正バッテリーケースは、シリコン製でしっとりとした触感になっている。バッテリーケースはホワイトとグレーの2色が用意されており、iPhone6とiPhone6sのみに対応する。価格は1万8000円とかなりお高めだ。実際に装着する際にはケースの上部を曲げて、iPhone6sをスライドさせて入れるそうだ。背面がすべてバッテリーだと固くなってしまい、ケースを曲げて挿入するといったことができなくなる。あえて上部は曲がるようにして、スムーズに装着できるように配慮しているのかもしれない。挿入してみると、画面上に本体とバッテリーケースの電池残量が表示される。装着するとバッテリーケースの残量が減っていき、本体のバッテリーが充電がされていくのが分かるという。このバッテリーケースの残量もしっかりと画面上で確認できるというのはアップル純正ならではだろう。
バッテリー容量としては本体だけであればインターネット通信が10時間使えるところを、バッテリーケースを併用すると18時間に伸びるという。アップル純正であるため、充電ケーブルが1本で済む、バッテリー残量が確認しやすいと言うメリットがある一方で、ヘッドフォンを使う上では注意が必要なのが欠点と言えるだろう。しかしやはり最大の欠点はデザインだろう。シンプルでクールなデザインが売りのアップルだけに、なぜこのようなデザインで商品化してしまったのかが疑問だ…。